calldocumentfacebookmessagemypartnerwindowsapplegoogleplayworkerroutecoinspinterestplaysearchsmartphonetwittercaraccordeonvideoarrowarrowdownloaddownloaduploadsection_scrollerglobemapIcon-Shop-Websitecontactenergyhomebridgeshighrisetunnelmininghousearrow-uparrow-downarrow-leftarrow-leftarrow-circle-rightchevron-right-circleuserexternlinkclose
私は、本ウェブサイトが分析や個別コンテンツにcookieを使用することを承諾します。 詳細情報:OK
お問い合わせ
私は、本ウェブサイトが分析や個別コンテンツにcookieを使用することを承諾します。 詳細情報:OK
戻る

保護柵

あらゆる躯体での安全性

Doka保護柵は、様々な現場での必須アイテムです。 これらの検査済みのシステムは、貴社の現場作業員を最適に保護し、スムーズな作業手順に大いに貢献いたします。 適切に保護された作業員は安全に作業ができ、さらにスピードと効率が上がります――これはお客様の成功につながります

ダウンロード

途切れることのない安全性
全ての作業段階において 

Doka保護柵は、大きな安全性を提供します

  • 落下の危険対策
  • 躯体および型枠に
  • 最高級品質(溶融亜鉛メッキ)
  • 厳格なEN 13374安全基準に準拠

設置が簡単かつ便利
さまざまな取り付け方法が可能 

Doka保護柵は、以下により素早く簡単に装着可能

  • クサビにより素早く取り付け
  • 必要な工具はハンマーのみ

多機能性
さまざまな状況に対応します 

Doka保護柵の多様性を貴社にご提供します

  • 手摺クランプS
  • 手摺クランプT
  • 手摺支柱 1.10m

リファレンス

利用

手摺クランプS

建物の剥き出しの端部の保護手段として、手摺クランプSは木製の型枠ビームのあらゆる場所に簡単に取り付けられます。 クランプ範囲が広いため、現場の型枠および躯体の様々な場所に保護柵を取り付ける際に使用できます

手摺クランプT

手摺クランプTは、スラブまたは上部構造の打設から常設の柵が建設されるまで、 幅広く安全性を確保します。 このクランプは、あらゆる場所へ固定できます。 フープ筋または橋のビーム端部のアンカーなどに――アダプターや付属品は不要です。 さらに、プレキャストコンクリート階段、あるいは中空エレメント壁からの転落防止バリアとして幅広い用途を提供します

手摺支柱 1.10m

手摺支柱1.10mで、安全防護柵を素早くそして非常に安全に設置できます。 手摺支柱1.10mは、スラブの端部、床の解放面、その他落下の危険のある場所に沿って、あるいは壁型枠の向かい側の親綱支柱に配置されます。 溶融亜鉛メッキを施したスチール製の手摺支柱1.10mは、耐用年数が長くなっています

手摺支柱1.10mは、下記の場所に素早く簡単に設置可能

  • 生コンクリートの差し込みスリーブまたはねじ込みスリーブ
  • 後でコンクリートに開けられた穴
  • 六角ナットを使用し、フレーム型枠パネルの十字孔