calldocumentfacebookmessagemypartnerwindowsapplegoogleplayworkerroutecoinspinterestplaysearchsmartphonetwittercaraccordeonvideoarrowarrowdownloaddownloaduploadsection_scrollerglobemapIcon-Shop-Websitecontactenergyhomebridgeshighrisetunnelmininghousearrow-uparrow-downarrow-leftarrow-leftarrow-circle-rightchevron-right-circleuserexternlinkclose
私は、本ウェブサイトが分析や個別コンテンツにcookieを使用することを承諾します。 詳細情報:OK
お問い合わせ
私は、本ウェブサイトが分析や個別コンテンツにcookieを使用することを承諾します。 詳細情報:OK

Dokaの安全性

ワークフローの効率を最大化する

最適な安全性が生産性を高める

Dokaでは型枠システムの種類を問わず、初期開発段階から安全性、扱いやすさ、人間工学に基づいたデザインに特に重点を置いています。弊社の型枠システム、セイフティーシステム、充実した最高品質のアクセサリーを組み合わせれば、形成作業全体で優れた安全性が確保できます。

弊社は優れた耐久性と品質を第一に考えます。購入・レンタルを問わず、高性能で効率的、さらに人間工学に基づいて設計された型枠システムをお客様にお届けいたします。

現場の安全性を確保することは、重大な責務です。事故のリスクを減らすと同時に、安全性に対して専門的に取り組むことで、迅速な作業手順、遵法性確保、従業員の士気高揚により効率が増し、さらにお客様の企業イメージ向上にもつながるなど、数多くのメリットをもたらします。

Doka 物流ネットワークを通じて、世界中どこでもお客様のプロジェクトを丁寧にサポートいたします。

プランニングの専門知識、高品質、納期遵守をお約束するDokaは、毎日の現場作業でトラブルフリーの安全性を提供しますので、お客様は建設業務に集中することができます。

Doka セイフティーシステムは、作業現場の効率と利益性を高め、なおかつ優れた安全性を確保します。

パンフレット

作業場

安全な作業場を確保するには、

  • 打設用のサイドガードや反対側の手摺を含む、作業足場が必要です。
  • サイドレールを含む中間プラットフォームは、最も安全で最も効率的な高壁型枠のソリューションです(作業員がフォームタイや連結装置を操作する必要がある場合など)。
  • 打設プラットフォームへの安全な縦方向アクセスを確保するには、柱型枠に特別の注意を払う必要があります。
  • 床スラブ型枠の場合、構造体のエッジからの落下を防ぐ最適なプロテクションとして、予備組み立てされたサイドガード付きのテーブル型枠を使用します。
折り畳み作業足場K

サイドプロテクション

サイドプロテクションは現場の「必須」アイテム。Dokaは構造シェルの安全防護対策と形成作業を目的とした、専用のサイドプロテクションを提供します。これらの検査済みのシステムは、現場作業員を最適に保護し、スムーズな作業手順に大きく貢献します。優れた強度の溶融亜鉛メッキは、信頼性の高い保護性を保証し、最新の安全基準(EN 13374)に適合します。 作業員を適切に保護することで、安全かつ迅速、そして効率的な作業が実現します。

保護柵

アクセス システム

作業場へ安全にアクセスするには、縦方向と横方向のアクセスルートが必要です。最善のソリューションは、一体化されたシステムとして設計されたハシゴシステムです。 安全な縦方向アクセスシステムならびにゲーシ付き一体型ハシゴは、全てのDoka 壁型枠と柱型枠で併用できます。これによりハシゴがいつも正しい場所に設置され、高壁型枠の打設プラットフォームまたは中間プラットフォームへ通じる縦方向アクセスが全ての安全要件を満たすことを保証します。Doka 柱型枠は、安全性の高いアクセサリーを使用して地上で予備組み立てられ、縦型のユニットとして持ち上げることができます。さらに使用時点から安全性を提供できるように設計されています。 特に床スラブ型枠を設置・解体する際は、回転式の足場DFまたは可動式 タワー Zを利用することをお勧めします。そうすれば、下側から型枠を操作し易くなります。Doka 階段タワーは、フロア間を移動する安全な「上下式ルート」として最適です。

ハシゴシステムXS

取り扱いと再配置

現場での型枠コンポーネントの解体、組み立て、移動は、極めて重要な作業です。これらのタスクは、建築ワークフローに影響するだけではなく、最も重要な要素である安全性の確保に関係します。これらのアイテムは作業員が作業をしているエリアまで持ち上げる必要があるからです。専用の移動装置を使用すれば、型枠装置のダメージを防ぎ、リフティング操作を迅速化し、高い安全性が確保されます。 ここでも原則は同じ、安全第一です!

テーブル用移動装置マルチ・トリップ パッケージ

認証、基準、品質マーク

弊社の品質管理システムがISO 9001の認証を取得した事実は、製品品質が保証されているだけではなく、全ての操作手順を明確に定義するためにDokグループ全体で幅広い対策が取られていることを意味します。

CEマーキング

CEマーキングは、製造メーカー自身が安全基準に適合していることを証明するものです。製品のデザイン型式や作用機構により、ユーザーの命や健康を脅かすリスクを伴う場合、CEマーキングが必要です。CEマーキングの法的根拠は、EC「機械」指令89/392/EECです。このため、型枠は各国の基準に準拠しなければなりません。CEマーキングを付けた製品は、適応される全ての法律と基準に適合することを示します。取扱説明書は、CEマーキングを付けた製品には必ず添付されます。取扱説明書は梱包済み製品に同封され、ユーザーが従うべき重要な情報(装置の稼働や操作方法、メンテナンス方法、消耗状態の詳細、最終的な処分方法など)を含みます。これらの使用方法に従わない場合、ユーザーの命や健康を損なう深刻な結果が生じる可能性があります。CEマーキングを付けた製品は、定期検査の対象となります。このようにリスクを除外し、事故による被害を防ぐことを目的としています。

GSV 安全マーク

1993年に設立されたGSVは、主要型枠製造メーカー全社で構成されます。GSVの目的は、フレーム型枠の品質および性能基準を確立することで、その支保工機能(型枠圧)は、ÖN/DIN 18202で定義された逸脱許容値に基づきます。これにより、型枠が規定の型枠圧を保持できること、また使用された型枠が最低基準を満たすことが保証されます。

欧州CEN標準化委員会

この委員会のメンバーとして、Dokaの有能なスタッフは、関連する欧州基準の設定に係わっています。これが今後長期間に渡り、基準に適合した弊社の型枠をお客様に安心してご利用いただける理由の1つです。