calldocumentfacebookmessagemypartnerwindowsapplegoogleplayworkerroutecoinspinterestplaysearchsmartphonetwittercaraccordeonvideoarrowarrowdownloaddownloaduploadsection_scrollerglobemapIcon-Shop-Websitecontactenergyhomebridgeshighrisetunnelmininghousearrow-uparrow-downarrow-leftarrow-leftarrow-circle-rightchevron-right-circleuserexternlinkclose
私は、本ウェブサイトが分析や個別コンテンツにcookieを使用することを承諾します。 詳細情報:OK
お問い合わせ
私は、本ウェブサイトが分析や個別コンテンツにcookieを使用することを承諾します。 詳細情報:OK

障害を乗り越える方法の理解

お客様の橋梁建設プロジェクトのための型枠ソリューション

橋を架ける方法の理解

Dokaは、その型枠技術の優位性を維持することに力を注いでいます。そのためにDokaは、建設効率向上のための方法を考案し、それを系統的に実践し続けています。その第一が型枠システム、第二がそれに伴う技術サービスです。Dokaの型枠ソリューションは常にパッケージで提供され、お客様に目に見える利益と付加価値をお約束します。私たちは、クライアント志向の考え方を持ち、お客様のゴールへの「架け橋」となります。

型枠メーカーの先駆者として、Dokaは、建設シーケンスを包括的に見据えています。型枠プランニングならびに型枠の静力学計算は、型枠の現場での組み立てや、それに続く型枠返却の手続きと同様、私たちが提供するサービスの一部です。首尾一貫した型枠コンセプトによってのみ、最高の結果が得られます。型枠を一社のパートナーに任せるだけで、連携がうまく行きます。

Dokaは建設プロジェクト全体を通じて、お客様に寄り添い、協力します。


 

要件の理解

知識から経験への架け橋

私たちの能力は、広範囲に渡っています。私たちは、設計段階から、型枠エンジニアリング上の課題に焦点を合わせています。つまり、プロジェクトの初期段階から、私たちの知識を活かし、作業を迅速に、効率良く、経済的に進めることに努めています。また、私たちは、適切な型枠システムというソリューションによって、プロジェクトに大いに貢献します。

パイロンと橋脚

橋脚によって橋台と橋台の中間にある上部構造の支柱の幅を減らすことができ、それによって全体の高さを低くすることができます。これらは主に単一または2つ1組の橋脚の形態を取ります。斜張橋または吊り橋では、主塔が橋の荷重を支え、ここからケーブルが吊られます。この主塔をパイロンと呼びます。これらは基本的には自立パイロンタワー、A 形またはH形パイロン、または門型パイロンの形を取ります。

お客様がDokaを利用する利点

Dokaの豊富な経験に裏打ちされた型枠計画ならびに高性能クレーンクライミングおよびセルフクライミング型枠システムにより、形状や高さや寸法に関わらず、さまざまな橋脚およびパイロンを扱うことが可能です。

支保工

コンクリート製の橋の上部構造がそれほど地上から高い位置ではない場合には、支保工を使用して、効率的に、費用効果の高い方法で建設できます。支保工は建築資材とシステムをしっかり支えるために使用される補助的な仮設構造物で、特にコンクリート製の橋の建設で使用されます。径間が異なる橋の上部構造は、単一の支保工構造を使用して一度に1つのセクションを打設することがほとんどです。

お客様がDokaを利用する利点

橋梁の上部構造から安全かつ経済的に高荷重を伝える、最適材料を使用した支保足場の、費用効果の高い計画の策定ならびに予定通りの出荷。

片持ち梁

橋のセクションは、2つ1組のキャンティレバー フォーミング トラベラーで1つずつ打設されます。このトラベラーは橋脚(橋脚のヘッド部分)から外側へと作業を進めながら型枠、鉄筋、生コンクリートを運びます。多くの場合、この作業は橋脚の両側でほぼ同時に進むように進められます。打設セクションの長さは一般に3~5 mです。

お客様がDokaを利用する利点

Dokaのレンタル式オールインワンシステムを使用することにより、高い費用効率を実現し、設備を迅速に供給することが可能になります。また、詳細な計画の策定から上部構造設計者との協力、さらにコンピテンスセンターによる片持ち梁建設の現場支援に至るあらゆる要素を含む、Dokaの徹底したプロジェクトサポートにより、高い確実性をもって計画を策定し、実行することが可能です。

複合橋梁

簡単に説明すると、荷重の負担を分担する(つまり「複合」的となる)よう、ずれ止めスタッドで、橋の鋼鉄製の桁をCIPコンクリートのデッキスラブに接続しています。橋桁は工場で事前に組み立てるので、工期が大幅に短縮できます。複合技術は、低コストで高い耐久性が得られ、保守作業も少なくて済む橋面ソリューションです。そのためこの技術は小規模な立体交差から大規模な高架橋まで、さまざまな構造で使用されています。

お客様がDokaを利用する利点

レンタル可能な可変式オールインワンシステムと、複合橋梁コンピテンスセンターが提供する包括的なプロジェクトサポートにより、さまざまな形状の橋梁に対して、費用効果の高いソリューションが適用できます。

架設桁装置

架設桁装置を使用して建設される橋の上部構造は、一度に1つの径間分を建設するのが一般的です。そして次に橋の伸びる方向に架設桁装置を移動させ、次の径間分を建設していきます。橋脚間に支柱を置くことはしません。架設桁装置を使用する方法が最も使用されるのは、径間が8つ以上で深い渓谷などの場合、および自然保護区、湖、川などの障害物があってアクセスが難しい場合、または既存の交通ルートと接続する必要がある場合などです。

お客様がDokaを利用する利点

橋梁の上部構造から安全かつ経済的に高荷重を伝える、最適材料を使用した支保足場の、費用効果の高い計画の策定ならびに予定通りの出荷。

押出し架設工法

連続する上部構造は、「打設ヤード」と呼ばれる現場の製作エリアで、橋台の背後で一度に1セクションが打設されます。打設ヤードで打設された各セクション(つまり各「サイクル」)は、その前に打設されていた複数のセクションと一緒に橋脚の上に「押し出され」、次のセクションを打設するためのスペースを作ります。この方法は、平面図が直線またはほぼ円形状で、正面図で最高点が均一または半径がたわんでいる、長い橋に使われることが多くなっています。

お客様がDokaを利用する利点

プロジェクトに応じた計画の策定ならびに打設ヤード建設用調節式型枠システムの事前組み立て、ならびに時間とコストの両面でワークフローを最適化するための実践的型枠開閉ロジック。

アーチ型橋梁

アーチ型橋梁は、見た目が最も印象的なデザインの橋といえるでしょう。特に深い渓谷に架かるアーチ型橋梁は、とても人気の高い設計です。最も一般的な建築方法は、片持ち梁と従来の支保工を使用する方法です。ここで示す別の方法は、アーチを低くする「回転式」建設方法です。

お客様がDokaを利用する利点

荷重伝達を最適化し、プロジェクトを確実に計画通りに進行させるための、それぞれの上部構造の静力学的状況に特化させることが可能な、大規模プランニングサービスならびにレンタル型枠ソリューション。

プロジェクトのニーズに適した型枠ソリューション

ますます高まる品質要件とさまざまな橋の構造への対応

大規模プロジェクトの連絡先

密接な協力関係によって、お客様の複雑な橋梁建設プロジェクトに適したソリューションを決定することが可能になります。Dokaの専門家は、プロジェクト開発段階からお客様の要件を協議し、早い段階からプロジェクトの成功に貢献します。そこには、成功裏に終わった数多くの橋梁建設プロジェクトを通じて蓄積されたノウハウが活かされています。

Introduction Key & Large Scale Projects
Thomas Staffenberger
Thomas Staffenberger電話:+43 7472 605 2582