calldocumentfacebookmessagemypartnerwindowsapplegoogleplayworkerroutecoinspinterestplaysearchsmartphonetwittercaraccordeonvideoarrowarrowdownloaddownloaduploadsection_scrollerglobemapIcon-Shop-Websitecontactenergyhomebridgeshighrisetunnelmininghousearrow-uparrow-downarrow-leftarrow-leftarrow-circle-rightchevron-right-circleuserexternlinkclose
私は、本ウェブサイトが分析や個別コンテンツにcookieを使用することを承諾します。 詳細情報:OK
お問い合わせ
私は、本ウェブサイトが分析や個別コンテンツにcookieを使用することを承諾します。 詳細情報:OK

リュッホバイパス

ドイツ

1989年のドイツ統一以来、高速道路B 248は南北を結ぶ主要道路としての重要性を取り戻しました。その結果、1日あたりの交通量が15,000台に増加し、市内に新しい道路を建設する試みが行われました。しかし市内の道路は主に商店街としての機能性を残すため、バイパスを整備することが決定しました。

戻る
高速道路B248 リュッホバイパス
高速道路B248 リュッホバイパス
高速道路B248 リュッホバイパス

プロジェクトデータ

竣工年
2010
プロジェクト期間
3 か月
ドイツ
住所
高速道路B248、構造 LÜ5、イェエッツェル運河の地下道
都市
リュッホ
請負業者
Ed. Züblin AG社、ケムニッツ支店
構造
構造の種類
複合構造

橋デッキ/上部構造

建設方法
直線
橋の長さ(上部構造)
48.88 m
橋の幅(上部構造)
11.50 m
橋の高さ(上部構造の上端まで)
6.50 m
鉄骨構造物の断面形状
I-セクション桁
鉄筋構造物の純粋幅
6
鉄筋構造物の純粋高さ
2.29