calldocumentfacebookmessagemypartnerwindowsapplegoogleplayworkerroutecoinspinterestplaysearchsmartphonetwittercaraccordeonvideoarrowarrowdownloaddownloaduploadsection_scrollerglobemapIcon-Shop-Websitecontactenergyhomebridgeshighrisetunnelmininghousearrow-uparrow-downarrow-leftarrow-leftarrow-circle-rightchevron-right-circleuserexternlinkclose
私は、本ウェブサイトが分析や個別コンテンツにcookieを使用することを承諾します。 詳細情報:OK
お問い合わせ
私は、本ウェブサイトが分析や個別コンテンツにcookieを使用することを承諾します。 詳細情報:OK

ヴルタヴァ川にかかる橋

チェコ

ヴルタヴァ川にかかる長さ236メートルの橋は、プラハ南部にある作業セクションR 513にあります。型枠工学の観点から言えば、このプロジェクトは新しい環状高速道路としては最も困難なものです。

戻る
プラハ付近のヴルタヴァ川にかかる橋
プラハ付近のヴルタヴァ川にかかる橋
プラハ付近のヴルタヴァ川にかかる橋
プラハ付近のヴルタヴァ川にかかる橋
プラハ付近のヴルタヴァ川にかかる橋
プラハ付近のヴルタヴァ川にかかる橋
プラハ付近のヴルタヴァ川にかかる橋
プラハ付近のヴルタヴァ川にかかる橋

プロジェクトデータ

竣工年
2009
プロジェクト期間
14 か月
チェコ
住所
プラハ
請負業者
Skanska社
構造
構造の種類
片持ち

橋デッキ/上部構造

建設方法
直線
断面形状
ツインセル箱桁 – 直線ウェブ
橋の全長
236 m
最長スパン
104 m
橋脚の数
2
打設範囲の長さ
5 m
打設セクションの数
50
サイクル時間
6 日サイクル