calldocumentfacebookmessagemypartnerwindowsapplegoogleplayworkerroutecoinspinterestplaysearchsmartphonetwittercaraccordeonvideoarrowarrowdownloaddownloaduploadsection_scrollerglobemapIcon-Shop-Websitecontactenergyhomebridgeshighrisetunnelmininghousearrow-uparrow-downarrow-leftarrow-leftarrow-circle-rightchevron-right-circleuserexternlinkclose
私は、本ウェブサイトが分析や個別コンテンツにcookieを使用することを承諾します。 詳細情報:OK
お問い合わせ
私は、本ウェブサイトが分析や個別コンテンツにcookieを使用することを承諾します。 詳細情報:OK

マサリク鉄道ターミナルのバイパス

チェコ

プラハの歴史的中心部からすぐ近くにあることから、地上12メートルの高架橋に建設された4車線の車道はそれ自体が観光名所となりました。このため、建築学的なデザインと施工を実現することが重視されました。

戻る
Nové Spojení
Nové Spojení
Nové Spojení
Nové Spojení
Nové Spojení
Nové Spojení
Nové Spojení
Nové Spojení
Nové Spojení

プロジェクトデータ

竣工年
2006
プロジェクト期間
20 か月
チェコ
都市
プラハ
請負業者
SSZ Řevince社
構造
構造の種類
打ち放しコンクリート
建築家
Patrik Kotas

橋デッキ/上部構造

建設方法
打ち放しコンクリート
断面形状
ホロースラブ
橋の全長
439 m
スパンの数
12
最長スパン
39.87 m
橋脚の数
11
橋の長さ(上部構造)
439 m
橋の幅(上部構造)
22.24 m
橋の高さ(上部構造の上端まで)
15.70 m
型枠接触面
型枠合板 3-SO
フォームタイ パターン
規定なし
エッジタイプ
円形/面取りエッジ