calldocumentfacebookmessagemypartnerwindowsapplegoogleplayworkerroutecoinspinterestplaysearchsmartphonetwittercaraccordeonvideoarrowarrowdownloaddownloaduploadsection_scrollerglobemapIcon-Shop-Websitecontactenergyhomebridgeshighrisetunnelmininghousearrow-uparrow-downarrow-leftarrow-leftarrow-circle-rightchevron-right-circleuserexternlinkclose
私は、本ウェブサイトが分析や個別コンテンツにcookieを使用することを承諾します。 詳細情報:OK
お問い合わせ
私は、本ウェブサイトが分析や個別コンテンツにcookieを使用することを承諾します。 詳細情報:OK

南部高速鉄道 (ICE)路線(ドイツ・ハレ市)

ドイツ

Dokaは、ハレを通る南部高速鉄道路線において立体交差構造3つの型枠をプランニングしました。2つの平行な擁壁にはフォーミングワゴン Tのダブルジグを持つトンネル壁型枠トラベラー、片持ちスラブと壁の欄干には、コンポサイト フォーミング キャリッジ、X型レイアウトのランプ構造には油圧移動式のトンネル型枠トラベラーがそれぞれ使用されました。

戻る
南部高速鉄道 (ICE)路線(ドイツ・ハレ市)
南部高速鉄道 (ICE)路線(ドイツ・ハレ市)
南部高速鉄道 (ICE)路線(ドイツ・ハレ市)
南部高速鉄道 (ICE)路線(ドイツ・ハレ市)

プロジェクトデータ

竣工年
2011
プロジェクト期間
7 か月
ドイツ
都市
ハレ
請負業者
Hentschke Bau GmbH社
構造
トンネル
構造の種類
開削工法によるトンネル建設

床スラブ

建設方法
セグメント化(非モノリシック)
断面形状
長方形
純粋幅
7.85 m
純粋高さ
7.63 m
建設されたトンネルの全長
189 m
打設範囲の長さ
10 m
打設セクションの数
18

床スラブ

建設方法
セグメント化(非モノリシック)
断面形状
長方形
純粋幅
8.58 m
純粋高さ
7.63 m
建設されたトンネルの全長
160 m
打設範囲の長さ
21 m
打設セクションの数
8