calldocumentfacebookmessagemypartnerwindowsapplegoogleplayworkerroutecoinspinterestplaysearchsmartphonetwittercaraccordeonvideoarrowarrowdownloaddownloaduploadsection_scrollerglobemapIcon-Shop-Websitecontactenergyhomebridgeshighrisetunnelmininghousearrow-uparrow-downarrow-leftarrow-leftarrow-circle-rightchevron-right-circleuserexternlinkclose
私は、本ウェブサイトが分析や個別コンテンツにcookieを使用することを承諾します。 詳細情報:OK
お問い合わせ
私は、本ウェブサイトが分析や個別コンテンツにcookieを使用することを承諾します。 詳細情報:OK

メイン川にかかる橋(オクゼンフルト)

ドイツ

中世後期、オクゼンフルトのメイン川に複数アーチの石橋が建設されました。しかしこの橋は現在の交通量に対応できなくなっていました。厳しい保存条件を満たすため、橋の河川域の修復が行われ、片持ち梁工法を用いてプレストレスを加えた新しい打ち放しコンクリートの上部構造が造られました。

戻る
メイン川にかかる橋(オクゼンフルト)
メイン川にかかる橋(オクゼンフルト)
メイン川にかかる橋(オクゼンフルト)
メイン川にかかる橋(オクゼンフルト)
メイン川にかかる橋(オクゼンフルト)
メイン川にかかる橋(オクゼンフルト)

プロジェクトデータ

竣工年
2011
プロジェクト期間
4 か月
ドイツ
住所
オクゼンフルト
都市
オクゼンフルト
請負業者
Max Aicher Bau GmbH & Co. KG社
構造
構造の種類
片持ち

橋デッキ/上部構造

建設方法
直線
断面形状
T-ビーム
橋の全長
108 m
打設セクションの数
12