calldocumentfacebookmessagemypartnerwindowsapplegoogleplayworkerroutecoinspinterestplaysearchsmartphonetwittercaraccordeonvideoarrowarrowdownloaddownloaduploadsection_scrollerglobemapIcon-Shop-Websitecontactenergyhomebridgeshighrisetunnelmininghousearrow-uparrow-downarrow-leftarrow-leftarrow-circle-rightchevron-right-circleuserexternlinkclose
私は、本ウェブサイトが分析や個別コンテンツにcookieを使用することを承諾します。 詳細情報:OK
お問い合わせ
私は、本ウェブサイトが分析や個別コンテンツにcookieを使用することを承諾します。 詳細情報:OK

マウミー川にかかる橋

アメリカ合衆国

オハイオ州のエリー湖付近、デ゙ッキ幅18mの斜張橋の完成により、旧式の跳ね橋で発生していた交通渋滞が解消しました。支柱が先細形状になっているこの橋は、トレドの「グラスシティ」新しい観光名所となりました。

戻る
マウミー川にかかる橋
マウミー川にかかる橋
マウミー川にかかる橋
マウミー川にかかる橋
マウミー川にかかる橋
マウミー川にかかる橋
マウミー川にかかる橋
マウミー川にかかる橋
マウミー川にかかる橋

プロジェクトデータ

竣工年
2007
プロジェクト期間
6 か月
アメリカ合衆国
住所
オハイオ州、トレド
請負業者
Fru-Con社
構造
構造の種類
橋脚と支柱

支柱

建設方法
円錐形
構造物の高さ
133 m
打設セクションの高さ
2.74 m
打設セクションの数
26
サイクル時間
7 日サイクル