calldocumentfacebookmessagemypartnerwindowsapplegoogleplayworkerroutecoinspinterestplaysearchsmartphonetwittercaraccordeonvideoarrowarrowdownloaddownloaduploadsection_scrollerglobemapIcon-Shop-Websitecontactenergyhomebridgeshighrisetunnelmininghousearrow-uparrow-downarrow-leftarrow-leftarrow-circle-rightchevron-right-circleuserexternlinkclose
私は、本ウェブサイトが分析や個別コンテンツにcookieを使用することを承諾します。 詳細情報:OK
お問い合わせ
私は、本ウェブサイトが分析や個別コンテンツにcookieを使用することを承諾します。 詳細情報:OK

Seidewitztal橋 A17

ドイツ

Seidewitztal橋は154メートルのアーチスパンで、ザクセン州で最大の鉄筋コンクリート太鼓橋です。その橋脚を安全かつ迅速に簡単に構成するために、クライミング型枠 MF240と大面積型枠 Top50を組み合わせて使用しました。アーチ橋の上部構造もドカシステム(Top50と複合体形成用台車)を用いて形成しました。

戻る
Seidewitztal橋 A17
Seidewitztal橋 A17
Seidewitztal橋 A17
Seidewitztal橋 A17
Seidewitztal橋 A17
Seidewitztal橋 A17
Seidewitztal橋 A17
Seidewitztal橋 A17

プロジェクトデータ

竣工年
2006
プロジェクト期間
4 か月
ドイツ
住所
ピルナ、ザクセン
請負業者
Ed. Züblin AG社
構造
構造の種類
複合構造

橋脚

建設方法
直線
構造物の高さ
60,00 m
打設セクションの高さ
5,00 m
橋の全長
568,00 m
橋脚の数
16
打設セクションの数
12

橋デッキ/上部構造

建設方法
アーチ形状
構造物の高さ
55,00 m
橋の全長
568,00 m
橋の長さ(上部構造)
154,00 m
橋の幅(上部構造)
6,50 m
橋の高さ(上部構造の上端まで)
2,30 m
打設範囲の長さ
6,00 m
打設セクションの数
15 je Bogen (2 Bogen auf Baustelle)

橋デッキ/上部構造

建設方法
直線
キャリッジ/トラベラーまたは型枠のタイプ
吊り上げ型コンポサイト フォーミング キャリッジ
橋の長さ(上部構造)
568,00 m
橋の幅(上部構造)
14,28 m
鉄骨構造物の断面形状
シール溶接された箱桁
鉄筋構造物の純粋幅
6,50
鉄筋構造物の純粋高さ
2,58
打設範囲の長さ
20,00 m
打設セクションの数
28
サイクル時間
7 日サイクル