calldocumentfacebookmessagemypartnerwindowsapplegoogleplayworkerroutecoinspinterestplaysearchsmartphonetwittercaraccordeonvideoarrowarrowdownloaddownloaduploadsection_scrollerglobemapIcon-Shop-Websitecontactenergyhomebridgeshighrisetunnelmininghousearrow-uparrow-downarrow-leftarrow-leftarrow-circle-rightchevron-right-circleuserexternlinkcartissuuclose
私は、本ウェブサイトが分析や個別コンテンツにcookieを使用することを承諾します。 詳細情報:OK
お問い合わせ
私は、本ウェブサイトが分析や個別コンテンツにcookieを使用することを承諾します。 詳細情報:OK

Attraversamento Ferroviario do Sado

ポルトガル

橋梁構造の拡大エリアにおいて、コンポサイト フォーミング キャリッジの縦げた間の距離を一定に保ち、なおかつトラック幅を一定に確保する目的で、Dokaのプロジェクトエンジニアは、ローラーの架台を鉄骨構造(大半はこのケース)の縦桁に直接取り付けるのではなく、鉄鋼製の横桁に取り付けるシステムを考案しました。

戻る

プロジェクトデータ

竣工年
2010
プロジェクト期間
18 か月
ポルトガル
都市
リスボン
請負業者
Teixeira Duarte Sede Lisboa
構造
構造の種類
複合構造

橋デッキ/上部構造

形状
直線
キャリッジ/トラベラーまたは型枠のタイプ
吊り上げ型コンポサイト フォーミング キャリッジ
橋の長さ(上部構造)
2735 m
橋の幅(上部構造)
15.70 m
橋の高さ(上部構造の上端まで)
20 m
鉄骨構造物の断面形状
I-セクション桁
鉄筋構造物の純粋幅
7
鉄筋構造物の純粋高さ
2.60
打設範囲の長さ
31.50 m
打設セクションの数
106
サイクル時間
7 日サイクル