calldocumentfacebookmessagemypartnerwindowsapplegoogleplayworkerroutecoinspinterestplaysearchsmartphonetwittercaraccordeonvideoarrowarrowdownloaddownloaduploadsection_scrollerglobemapIcon-Shop-Websitecontactenergyhomebridgeshighrisetunnelmininghousearrow-uparrow-downarrow-leftarrow-leftarrow-circle-rightchevron-right-circleuserexternlinkcartissuuclose
私は、本ウェブサイトが分析や個別コンテンツにcookieを使用することを承諾します。 詳細情報:OK
お問い合わせ
私は、本ウェブサイトが分析や個別コンテンツにcookieを使用することを承諾します。 詳細情報:OK

Örekilsälven 川にかかる橋

スウェーデン

複合断面を持つRC デッキスラブは、フォーミングキャリッジ2基を利用して打設されました。長さ20 m、幅27 mのキャリッジは、「フレームタイプ ローラートレッスル ベアリングサポート + 縦コネクター」を経由して鋼製の上部構造を移動するので、打設中に発生する荷重は編状の溝に均一に配分されます。

戻る

プロジェクトデータ

竣工年
2006
プロジェクト期間
18 か月
スウェーデン
住所
欧州自動車道 E6
都市
Munkedal近辺のSaltkällan
請負業者
NCC Construction Sverige AB社、イェーテボリ
構造
構造の種類
複合構造

橋デッキ/上部構造

橋の長さ(上部構造)
477 m
橋の幅(上部構造)
24.20 m
橋の高さ(上部構造の上端まで)
85 m
鉄骨構造物の断面形状
シール溶接された箱桁
欄干の高さ
0.80 m
打設範囲の長さ
16 m
打設セクションの数
31
サイクル時間
7 日サイクル