calldocumentfacebookmessagemypartnerwindowsapplegoogleplayworkerroutecoinspinterestplaysearchsmartphonetwittercaraccordeonvideoarrowarrowdownloaddownloaduploadsection_scrollerglobemapIcon-Shop-Websitecontactenergyhomebridgeshighrisetunnelmininghousearrow-uparrow-downarrow-leftarrow-leftarrow-circle-rightchevron-right-circleuserexternlinkclose
私は、本ウェブサイトが分析や個別コンテンツにcookieを使用することを承諾します。 詳細情報:OK
お問い合わせ
私は、本ウェブサイトが分析や個別コンテンツにcookieを使用することを承諾します。 詳細情報:OK

エメリッヒトンネルの主要整備プロジェクト

ドイツ

分離可能なトンネル型枠トラベラーを鉄道の線路で使用すれば、鉄道サービスの運行に影響を与えません。請負業者のFranz Kassecker社の委託により、Dokaは線路で移動でき、なおかつトンネル型枠ユニット2基に分割できる型枠構造物を提供しました。

戻る
エメリッヒトンネルの主要整備プロジェクト
エメリッヒトンネルの主要整備プロジェクト
エメリッヒトンネルの主要整備プロジェクト
エメリッヒトンネルの主要整備プロジェクト
エメリッヒトンネルの主要整備プロジェクト
エメリッヒトンネルの主要整備プロジェクト
エメリッヒトンネルの主要整備プロジェクト

プロジェクトデータ

竣工年
2007
プロジェクト期間
9 か月
ドイツ
都市
ルンケル
請負業者
Franz Kassecker GmbH社
構造
トンネル
構造の種類
坑道トンネル

床スラブ

建設方法
カーブまたは多角形
断面形状
曲線/円形
純粋幅
8.08 m
純粋高さ
9.56 m
建設されたトンネルの全長
494 m
打設範囲の長さ
9.70 m
打設セクションの数
9