calldocumentfacebookmessagemypartnerwindowsapplegoogleplayworkerroutecoinspinterestplaysearchsmartphonetwittercaraccordeonvideoarrowarrowdownloaddownloaduploadsection_scrollerglobemapIcon-Shop-Websitecontactenergyhomebridgeshighrisetunnelmininghousearrow-uparrow-downarrow-leftarrow-leftarrow-circle-rightchevron-right-circleuserexternlinkclose
私は、本ウェブサイトが分析や個別コンテンツにcookieを使用することを承諾します。 詳細情報:OK
お問い合わせ
私は、本ウェブサイトが分析や個別コンテンツにcookieを使用することを承諾します。 詳細情報:OK

ヤブルンコフ バイパス

チェコ

補強コンクリートの複合構造では、橋梁デッキスラブが上から設置されます。橋梁の建設は直線セクションからスタートし、長いカーブへと続きます。建築鋼は開口溝のような形をしており、片持部ゾーンに傾斜支柱があります。これらの傾斜支柱があるため、吊り下げ式コンポサイト フォーミング キャリッジが使用されました。

戻る
ヤブルンコフ バイパス
ヤブルンコフ バイパス
ヤブルンコフ バイパス
ヤブルンコフ バイパス

プロジェクトデータ

竣工年
2008
プロジェクト期間
6 か月
チェコ
住所
739 98 Mosty u Jablunkova
請負業者
Alpine Bau社、ウィーン
構造
構造の種類
複合構造

橋デッキ/上部構造

形状
半径
キャリッジ/トラベラーまたは型枠のタイプ
吊り下げ型コンポサイトフォーミングキャリッジ
橋の長さ(上部構造)
432 m
橋の幅(上部構造)
18.80 m
橋の高さ(上部構造の上端まで)
21 m
鉄骨構造物の断面形状
押さえ材を使用した溝
鉄筋構造物の純粋幅
5.90
鉄筋構造物の純粋高さ
2.10
打設範囲の長さ
33 m
打設セクションの数
15
サイクル時間
7 日サイクル